業績

論文

査読付き論文

Hagihara, H., Shimo, S., Matsushima, K., Kato, T. (2016). Conventionality and Intentionality as Potential Contributors to Ideational Praxis in Japanese Preschoolers: An Exploratory Study with Correspondence Analysis. Occupational Therapy International 23, 390–400. (こちら)

萩原広道,下 沙織,松島佳苗,加藤寿宏.(2015).就学前児における観念化の発達―Test of Ideational Praxisを用いて.日本発達系作業療法学会誌3,53-61.(こちら)

学位論文

萩原広道.(2014).対象操作と言語発達の関連性―対象操作の多様な子どもは動作語の表出語彙も多いか―.京都大学医学部人間健康科学科作業療法学専攻卒業論文(未公刊).

学会発表

国内学会(査読有)

森川純子,中川瑛三,渡邉静代,新井紀子,岩見美香,加藤希歩,萩原広道,家森百合子.(2016).書字困難に対してクリニックでの介入が有効であった事例~感覚統合を取り入れて~.日本LD学会第25回大会,ポスター発表,パシフィコ横浜.

萩原広道,下 沙織,松島佳苗,加藤寿宏.(2014).Test of Ideational Praxisを用いた就学前児の観念化の発達.第32回日本感覚統合学会研究大会,口述発表,自治医科大学.

萩原広道,下 沙織,松島佳苗,加藤寿宏.(2014).日本の就学前児におけるTest of Ideational Praxisの結果と傾向(中間報告).日本発達系作業療法学会第2回学術大会,口述発表,神奈川県立保健福祉大学.

国内学会(査読無)

萩原広道,田中真介.(2016).動詞の誕生:幼児期における主体と対象の動きをとらえた言語表現の生成過程.第83回日本応用心理学会,ポスター発表,札幌市立大学.

著作

編著

安達千李,新井翔太,大久保杏奈,竹内彩帆,萩原広道,柳田真弘・編.(2013).ゆとり京大生の大学論―教員のホンネ、学生のギモン.ナカニシヤ出版.(こちら)

その他

研究会・シンポジウムなど

萩原広道.(2016).遊びワークショップ.講師,西淀川発達支援センターたんぽぽ.2016年12月27日.

京都大学生活協同組合院生委員会. (2016). 研究科をまたいだ京大院生の交流会: 研究コン. 京都大学生活協同組合,企画者,京都大学.2016年12月20日.

萩原広道.(2016).X-academy第5回「研究室との出逢い」.京都大学生活協同組合X-academy,登壇者,京都大学.2016年11月11日.

萩原広道.(2016).ぶきようさんのヒミツ―発達過程における「不器用」の原因をとらえる―.発達を学ぶ学習会 Part Ⅱ,講師,西淀川発達支援センターたんぽぽ.2016年9月23日.

家森百合子,岩見美香,柴田実千代,中川瑛三,森川純子,加藤希歩,萩原広道,新井紀子.(2016).中枢性協調障害と学習障害の関連性についての考察のための予備的研究.第14回ボイタ医師研究会,共同発表者,聖ヨゼフ医療福祉センター.2016年9月3日.

萩原広道.(2016).ぶきようさんのヒミツ―発達過程における「不器用」の原因をとらえる―.西淀川発達支援センターたんぽぽ保護者学習会,講師,児童デイサービスなのはな.2016年7月16日.

萩原広道.(2016).発達過程の発見.発達セッション.Teach For Japan 赴任前研修,講義・ワークショップ,国立オリンピック記念青少年総合センター.2016年3月15日.

萩原広道.(2015).ゆとり京大生の大学論―出版に至った経緯と学んだこと,伝えたいこと―.高校の学びと大学の学び-教育と研究のあり方をめぐって―.高大連携教育研究会シンポジウム,登壇者,京都大学.2015年9月27日.

清水 亮,橋本 勝.(2014).学生と楽しむ授業へ―コンサルティング・ワークショップ―.参加者企画セッション,第20回 大学教育研究フォーラム,学生コンサルタント,京都大学.2014年3月19日.(こちら)

萩原広道.(2013).いったい何なんだ!? “身体図式”を成り立たせるさまざまな要素.身体図式・身体像―哲学と臨床のあいだ―.身体図式勉強会,登壇者,京都大学.2013年8月11日.

エッセイ

萩原広道.(2014).“鶏鳴狗盗”な総人.特集「転向(conversion)」.総人・人環紹介冊子integral 1.29-30.

萩原広道.(2011).総人サイクリング.オープンキャンパス学生企画より.京都大学総合人間学部広報48,16-17.(こちら)

デザイン

京都大学総合人間学部/人間・環境学研究科同窓会.(2016). シンポジウム・ワークショップ『書を持って街に出よう~学際教育とゼネラリスト養成~』.ポスター制作(こちら)

戸田剛文,松枝啓至,渡邉浩一・編.(2014).哲学をはじめよう.ナカニシヤ出版.装画担当(こちら)

京都大学総合人間学部/人間・環境学研究科同窓会.(2013). ミニシンポジウム『学際教育のゆくえ』.ポスター制作(こちら)

京都大学総合人間学部.(2011).オープンキャンパス学生実行委員,広報担当